野菜の選び方『枝豆』

スーパーで枝豆を購入するとき、まず最初に悩むのが、「さや」だけを袋詰めにされたものと、枝付きのものとどちらがいいのか?でしょうね。

 

鮮度が落ちにくいほうで言えば、「枝付き」の方が断然、枝豆は鮮度が落ちにくいです。まあ、もぎたてから時間が経っていなければどちらでも良いと思いますが。

 

さて、ここからは鮮度が良い枝豆を選ぶポイント。

 

まず、色味をみて緑色が鮮やかなものを選びましょう。茶〜黒ずんでいるようなものは時間が経って鮮度が落ちている証拠です。

 

次に、特に出来のよい枝豆を選ぶわけですが、「さや」がふっくらとしているもの、粒の大きさに偏りがないもの、そして、表面のうぶ毛?が濃くてしっかりしているものが、良物で美味しい枝豆ですよ。

 

 

枝豆は、時間と共に栄養と旨みが抜けやすいものですので、鮮度が命です。枝付きのものは調理に一手間かかる分、鮮度は落ちにくいので本当に美味しい枝豆を食べたいのであれば枝付きがオススメです。冒頭にも言ってましたね失礼。

 

以上、新鮮で美味しい枝豆を選ぶコツでした^^

 

 

 

枝豆は2日酔い・貧血改善に◎

 

枝豆とは「畑の肉」で有名な良質なたんぱく質を豊富に含んでいる大豆のこと。その違いとは成熟する前に収穫されたものが枝豆といいます。

 

メチオニン、ビタミンB1、ビタミンCを豊富に含んでいるのでアルコール分解しやすくなり、二日酔い防止に効果的。他にはビタミンB1も多くスタミナ不足の解消、疲労回復に良いですね。

 

ミネラル分も非常に豊富で体内の余分な塩分(ナトリウム)の排泄を促してくれるカリウムは高血圧の予防・改善に。鉄分も豊富で貧血予防に打ってつけです。

野菜の選び方『枝豆』関連ページ

野菜の保存『枝豆』
野菜の下処理がきちんとしているかどうかが料理の味の決め手。枝豆の保存方法。
野菜の冷凍保存『枝豆』
野菜の下処理がきちんとしているかどうかが料理の味の決め手。枝豆の冷凍保存方法。