エノキの下処理

エノキはもやしと同じような作り方をするので基本、洗わなくても良いいです。ですが、気になるようでしたら洗っても問題ありません。

 

切るポイントは色が違う境目がベストと思います。(茶色い部分は美味しくないので)

 

ただ、栽培方法として、束におがくずが挟まっていることがあるのでサッと水で流しましょう。
以上、エノキの下ごしらえ方法でした^^

 

 

 

エノキは制ガン作用・メタボ改善に良い

 

エノキにはビタミンB1・B2、ナイアシン、食物繊維が豊富です。とくに多く含まれているのはビタミンB1、キノコ類の中で比較するとひらたけに次いで多く含まれており1袋分のエノキを食べると1日の所要量の1/2ほど摂取することが可能です。

 

糖質や脂質の代謝を促してくれるビタミンB群「ナイアシン」もエノキには、しめじやまいたけと同じくらい大量に含んでおり、他にも消化器を健康に保つ働きもあります。

 

 

エノキを始めきのこ類には、不溶性食物繊維「グルカン」が多く含まれています。

 

これは便秘解消など食物繊維の役割以外にも、大腸ガン予防などにも効果があります。

 

グルカンには制ガン作用のあるインターフェロンを作る働きがあるためです。きのこにはコレステロール抑制、肥満防止、整腸作用、免疫力強化などの身体に良い作用がありますので積極的に料理に取り入れていきましょう。

エノキの下処理記事一覧

エノキはあまり日持ちしない食材。その賞味期限は冷蔵庫で保管しても2、3日ほどです。保存の最には、根元を切らずに、ラップや保存袋に入れて冷蔵庫(野菜室)で保存しましょう。エノキの長期保存方法賞味期限の短いエノキをより、長持ちさせたい場合はしょうゆ漬けがオススメです。調理方法としてはとっても簡単で、根元を切ってタッパーに入れて、醤油と日本酒少々の液体に漬け、冷蔵庫で保存しますと、1ヶ月くらい日持ちしま...

エノキは冷凍保存にまったく向かない食材ですので、基本的にはすることがありませんが、ある地方ではエノキ氷として冷凍し、スープなど料理のコク付けなどに利用します。エノキ氷の作り方エノキ300gに対し、水400mlを用意。エノキと水をミキサーに入れて30秒ほど粉砕して鍋に移し強火で1分〜2分加熱。その後、弱火にして30分ほど焦げないように加熱します。時間がきたら火を止め、粗熱をとり、ブロック氷を作る容器...

新鮮で美味しいエノキを選ぶときはまず色を確認。白くて透明感のあるエノキは新鮮で歯ごたえも良いものです。逆に根元が変色しているもの、全体的に茶色っぽいのは鮮度が悪いもの。色でパッと見で判断したら次はかさをチェック!小さめで丸みを帯びており、大きさのバランスが均一のものが良品。えのきを包むパックの内側に水滴が付いているものは鮮度が落ち始めている証、なるべく良い状態の見切り品を選ぶときに重宝するところで...