野菜の選び方『インゲン豆』

新鮮で美味しいインゲンの見分け方はまず色を見ることから始めましょう。

 

緑色が濃く、細めで豆の形がはっきり出ていないものが美味しいインゲンです。しかし、「モロッコいんげん」は、その逆で豆の形がはっきり出ているものほど良くなります。

 

他にも、先がピンととがっていて、手で曲げると「ポキッ」と折れるもの。皮が薄く、シワが無く、はりがあるものを選ぶと間違いなく鮮度がよく美味しいインゲン。

 

 

インゲンは古くなると表面のハリツヤがなくなり、シミや黒ずみが出てきます。 なんだか人間みたいですよね?以上、インゲンの選び方でした^^

 

 

 

インゲン豆にはミネラル栄養素がたっぷり!!

 

インゲン豆で多く含まれている成分はカルシウム。カルシウムは骨を作るだけではなく精神を安定させる作用があります。

 

他にもインゲンには鉄、亜鉛などミネラルもかなり豊富。豆類のなかでも多く含んでいます。

 

さらにビタミンB1や食物繊維も多いのでメタボリック症候群の予防、便秘解消、整腸作用、さらにはがん予防などにもつながります。

野菜の選び方『インゲン豆』関連ページ

野菜の保存『インゲン豆』
野菜の下処理がきちんとしているかどうかが料理の味の決め手。インゲン豆の保存方法。
野菜の冷凍保存『インゲン豆』
野菜の下処理がきちんとしているかどうかが料理の味の決め手。インゲン豆の冷凍保存方法。