野菜の保存『インゲン豆』

インゲンの保存方法はビニール袋などに入れて冷蔵庫で保存するのが基本。ですが賞味期限が短いので、早めに使い切るようにしましょう。

 

長く保存したい場合や、使い切れなかった場合は、軽く塩茹でして冷凍保存が可能です。

 

プチ知識としてインゲンは一年に三度収穫できることから、関西では「サンドマメ」とも呼ばれています。

 

 

インゲン豆にはミネラル栄養素がたっぷり!!

 

インゲン豆で多く含まれている成分はカルシウム。カルシウムは骨を作るだけではなく精神を安定させる作用があります。

 

他にもインゲンには鉄、亜鉛などミネラルもかなり豊富。豆類のなかでも多く含んでいます。

 

さらにビタミンB1や食物繊維も多いのでメタボリック症候群の予防、便秘解消、整腸作用、さらにはがん予防などにもつながります。

野菜の保存『インゲン豆』関連ページ

野菜の冷凍保存『インゲン豆』
野菜の下処理がきちんとしているかどうかが料理の味の決め手。インゲン豆の冷凍保存方法。
野菜の選び方『インゲン豆』
新鮮な野菜をきちんと選ぶどうかが味の決め手。インゲン豆の選ぶコツ。