じゃがいもの下処理

じゃがいもの扱い方  【料理の基本:野菜の下ごしらえ】

ジャガイモの下ごしらえyoutube動画

 

 

じゃがいもは水から弱火で皮のままゆでると、栄養が水に溶けるのを防げます。また、水っぽくならずホクホク感を出すコツとしても有名ですね。さらに皮もツルリと簡単にむけやすくなり調理時間の短縮にもつながります。

 

ジャガイモの風味を逃さない洗うコツ

ジャガイモは調理する直前に洗いましょう。でないと風味が落ちます。
ですが水にさらすことで表面のでんぷん質やアクを取り除くことができます

 

ジャガイモの芽は毒です!

じゃがいもの芽にはソラニンと呼ばれる有毒物質が含まれています。

 

じゃがいもの皮をむくときは、芽もきれいに取り除くようにしましょう。芽以外の緑色の部分も同様ですよ。

 

 

 

 

じゃがいもは美容に良い!!

 

じゃがいもの栄養分って意外と知られていませんが実はビタミン類が非常に豊富!

 

とくにビタミンCが豊富に含まれその含有量はなんとミカン並みに含まれている。

 

 

しかも、じゃがいもに含まれるビタミンCは熱に非常に強いため火を通しても壊れにくく、どんな調理法でも効率よく身体に吸収されていきます。

 

美容成分でおなじみのビタミンCはシミ・シワ・ソバカスなど肌トラブルや乾燥などから肌を守り美肌を作ってくれます。

 

 

また、ビタミンCは高血圧・心筋梗塞・がんなどの成人病予防にも一役買ってくれるお野菜。

 

 

カリウムも多く、カリウムは体内の塩分を調節し高血圧予防に。利尿作用も高いのでむくみを改善する効果もある。

 

もちろん食物繊維も豊富なので整腸作用、便秘改善。鉄分も含まれているため「よく貧血するけどレバーや貝類は苦手で食べられない…」なんて人はジャガイモやホウレンソウなどの野菜をとって鉄分補給したいところですね。

じゃがいもの下処理記事一覧

まず始めに、ジャガイモは光を浴びると、色が緑になり、萌芽が促されます。このとき毒である「ソラニン」を作ってしまうので、蛍光灯や日の光が当たる場所は絶対に避けること。もしも、太陽の光の下に放置したりして皮の色が緑色になった場合、皮を厚めに剥けば大丈夫です。ジャガイモの保存基本は常温です。収穫した時から3ヶ月間は芽が出ません。麻袋、紙袋などにいれて保存しましょう。冷蔵庫での保存も可能で、ジャガイモは冷...

まず始めに言っておきますが、ジャガイモは冷凍保存には向かない野菜です。その理由がジャガイモに含まれる水分が氷結、その水分が解凍するときに抜け出して、中身がスカスカになってしまうからです。食べると「モソモソ」、美味しくはありません。でも、冷凍食品ではフライドポテトなど加工したジャガイモが売られていますよね?この前置きでピーンっときたご察しの通り、冷凍するには煮たり蒸したりして火を通すこと。また、マッ...

いろんな料理の基本となる野菜と言ってもいいジャガイモ。適当に買ってみたら、「中が腐っていた」、「風味が薄い」なんてこともありますよね?まず、見た目で選ぶならふっくらと丸いものを。手に持ってみて、重量感のあるものが美味しいジャガイモ。 素人は一番大きいものを選びがちですが、大きすぎない、中玉くらいのものを選びます。なぜなら大きくなりすぎたものは味が落ちますので。表面に傷、しわがなく、ハリのあるもの、...

うらごし〜調理のコツ〜ジャガイモの裏ごしyoutube動画ジャガイモの裏ごしコツじゃがいもを裏ごしするときは、熱いうちに!が鉄則です。冷めると粘りが出てきて、味が落ちて不味くなってしまいます。電子レンジ活用も便利!電子レンジでまるごとジャガイモを加熱することもできます。よく洗って皮付きのままのじゃがいもを、ラップできっちりと包んでから温めましょう。普通の大きさなら5分ほどで火が通ります。途中、上下...