野菜の選び方『じゃがいも』

いろんな料理の基本となる野菜と言ってもいいジャガイモ。適当に買ってみたら、「中が腐っていた」、「風味が薄い」なんてこともありますよね?

 

まず、見た目で選ぶならふっくらと丸いものを。手に持ってみて、重量感のあるものが美味しいジャガイモ。 素人は一番大きいものを選びがちですが、大きすぎない、中玉くらいのものを選びます。なぜなら大きくなりすぎたものは味が落ちますので。

 

表面に傷、しわがなく、ハリのあるもの、表面の色が均一であればなお良いです。避けるべきは皮が緑色、芽が出ているものは絶対に買ってはいけない。見切り品でたまに酷いものを見かけますが、あれは買っても損するだけですよ。

 

ジャガイモには「新じゃが」の季節もありますよね?ちょっと見極め方が違うので、一応情報を載せて置きます。

 

新ジャガは皮が薄いもの、小ぶりでも重みがあるものが良品です。もちろん傷があるものは避けます。

 

新ジャガの注意点として、太陽光に当たりすぎると皮が毒性のあるソラニンが発生します。このまま食べると食中毒に!こうなってしまった場合は皮を厚めに剥いて、取り除けば食べられます。

 

以上、新鮮で美味しいジャガイモの選び方でした^^

 

 

じゃがいもは美容に良い!!

 

じゃがいもはとくにビタミンCが豊富に含まれその含有量はなんとミカン並みに含まれている。じゃがいもに含まれるビタミンCは熱に非常に強いため壊れにくく効率よく身体に吸収できます。

 

美容成分でおなじみのビタミンCはシミ・シワ・ソバカスなど肌トラブルや乾燥などから肌を守り美肌を作ってくれます。また高血圧・心筋梗塞・がんなどの成人病予防にも一役買ってくれるお野菜。

 

じゃがいもに含まれるカリウムは高血圧予防、むくみ改善に。食物繊維も豊富なので整腸作用、便秘改善。鉄分も含まれているので貧血改善にも良し。。

野菜の選び方『じゃがいも』関連ページ

野菜の保存『じゃがいも』
野菜の下処理がきちんとしているかどうかが料理の味の決め手。じゃがいもの保存方法。
野菜の冷凍保存『じゃがいも』
野菜の下処理がきちんとしているかどうかが料理の味の決め手。じゃがいもの冷凍保存方法。
裏ごし『じゃがいも』
じゃがいもの裏ごしのやり方。