野菜の保存『カボチャ』

まず、丸ごとのかぼちゃの場合、そのまま室温で長期保存が可能です。

 

カットした、または切ったものを買った場合は種とワタを取り除きラップをして冷蔵庫へ。かぼちゃはワタと種から腐ってきますので取り残しのないように。2〜3日以内に食べきるようにしましょう。

 

さらに皮を取り除き、加熱して(電子レンジを使うと便利)マッシュにしても2〜3日持ちます。サラダやコロッケなどにどうぞ。

 

以上、美味しいかぼちゃの保存方法のコツでした^^

 

 

かぼちゃは免疫力UP・抗ガン作用に良い!!

 

かぼちゃはβ-カロチン(ビタミンA)の含有量の多い野菜で粘膜を強くして免疫力を高める働きがあります。免疫力が高まると風邪を引きにくくなるばかりではなく抗がん作用も高まります。C型肝炎などの発症を抑制するのにも効果的。

 

さらにかぼちゃには抗酸化作用のあるβ-カロチンを始め、ポリフェノール、ビタミンC・Eなどの抗酸化成分が豊富!野菜もとい全ての食材の中でもトップクラスの抗酸化食材であるのがカボチャ。

 

体を温める効果があるので冷え性改善に。鉄分、カルシウム、ビタミンCなども多く含まれているので疲労回復や貧血の悩みを解消するのにも◎

野菜の保存『カボチャ』関連ページ

野菜の冷凍保存『カボチャ』
野菜の下処理がきちんとしているかどうかが料理の味の決め手。カボチャの冷凍保存方法。
野菜の選び方『カボチャ』
新鮮な野菜をきちんと選ぶどうかが味の決め手。カボチャの選ぶコツ。