野菜の選び方『カボチャ』

かぼちゃは、他の野菜とちょっと選び方が違うので、良くないかぼちゃを選び続けている人が多い野菜でもあります。

 

一般的に美味しく鮮度の高い野菜の選び方と言えば、色にクスミがなく鮮やか、表面がみずみずしい、ヘタの周りが乾燥してひび割れていないか?など…。かぼちゃの選び方はこれの真逆、一見、鮮度が悪く、とうに食べごろを逃してしまったようなかぼちゃが実は一番の良品。

 

そう、かぼちゃは逆に時間がたった古そうなものが熟していて甘くて美味しいのです。見た目がみずみずしいものは水分が多すぎるため、未熟で甘くないのです。

 

ですのでかぼちゃは「ツヤがなく、くすんでいる」、「ヘタが割れている」、それでいて尚且つ「ずっしり身が詰まって重い」ものを選ぶと間違いなくおいしいかぼちゃです。

 

カットされているかぼちゃの選び方は、ワタと種の状態で判断できます。種がふっくらとしている、ワタがぎっしりと詰まっているか。ここをみると良品がわかります。

 

 

以上、美味しいかぼちゃの選び方でした^^

 

 

 

かぼちゃは免疫力UP・抗ガン作用に良い!!

 

かぼちゃはβ-カロチン(ビタミンA)の含有量の多い野菜で粘膜を強くして免疫力を高める働きがあります。免疫力が高まると風邪を引きにくくなるばかりではなく抗がん作用も高まります。C型肝炎などの発症を抑制するのにも効果的。

 

さらにかぼちゃには抗酸化作用のあるβ-カロチンを始め、ポリフェノール、ビタミンC・Eなどの抗酸化成分が豊富!野菜もとい全ての食材の中でもトップクラスの抗酸化食材であるのがカボチャ。

 

体を温める効果があるので冷え性改善に。鉄分、カルシウム、ビタミンCなども多く含まれているので疲労回復や貧血の悩みを解消するのにも◎

野菜の選び方『カボチャ』関連ページ

野菜の保存『カボチャ』
野菜の下処理がきちんとしているかどうかが料理の味の決め手。カボチャの保存方法。
野菜の冷凍保存『カボチャ』
野菜の下処理がきちんとしているかどうかが料理の味の決め手。カボチャの冷凍保存方法。