野菜の保存『モロヘイヤ』

栄養価の高さ、夏バテ改善に役に立つと人気の野菜モロヘイヤ。

 

冷蔵庫でほぞんする場合は下茹でが基本です。鍋に水と少量のお塩を入れて沸騰したらモロヘイヤを入れます。湯で時間は40~50秒くらい、茹で上がったら冷水へ。

 

その後はよく水切りをして冷蔵保存しましょう。茹でるとネバネバが出てくるので刻んでから保存することをオススメします。

 

因みに保存の際には野菜室の温度にご注意を。1℃くらいになるとモロヘイヤは低温障害で傷んでしまいます。

 

以上、モロヘイヤの保存のコツでした^^

 

 

モロヘイヤは生活習慣病に良い!!

 

モロヘイヤは非常に栄養価が高い野菜。カロチンはブロッコリーの19倍、カルシウムはホレンソウの9倍も含くまれています。 

 

またビタミン類もビタミンB1・B2・C・E、さらにはカリウム・鉄分などのミネラル分も他の緑黄食野菜に比べてはるかに多いため高血圧予防、精力増強作用、美容作用、貧血予防、免疫強化、がん予防、老化防止、骨粗鬆症予防、粘膜強化、疲労回復、など様々な効能が期待できます。

 

 

モロヘイヤの粘り成分には、血中コレステロール低下、便通を良くする、肥満・メタボリック症候群の予防と改善、糖尿病予防、大腸がん予防などに効果があります。つまりモロヘイヤは生活習慣病…いわゆる4大成人病の予防に大してたいへん優れた野菜である。

野菜の保存『モロヘイヤ』関連ページ

野菜の冷凍保存『モロヘイヤ』
野菜の下処理がきちんとしているかどうかが料理の味の決め手。モロヘイヤの冷凍保存方法。
野菜の選び方『モロヘイヤ』
新鮮な野菜をきちんと選ぶどうかが味の決め手。モロヘイヤの選ぶコツ。