野菜の選び方『人参』

人参は、良いものは身が柔らかくて甘くて青臭くなくて美味しいもの。良くないものと比べると雲泥の差があります。

 

まず、鮮度の良い人参を探すには、表面を見ていきましょう。色は鮮やか、ハリツヤがあるものを。人間と一緒で若いピチピチの子は、肌にハリがあると思います。人参も古くなると表面の皮にシワがよってきたり、黒ずんできます。さらに髭のような根が生えてきているものも古くなった人参ですので避けたほうが良いでしょう。

 

袋詰めされていて、一本一本手にとって確認しづらい場合は、まず袋に付いた水滴を見てみましょう。時間が経つと人参から水分が抜けていきますので、袋に水滴が付いていきます。水滴が多いものは当然、時間がたった鮮度の悪いものということになります。

 

最後に身が柔らかい人参の選び方です。ヘタの切り口の直径が小さいものは、固い芯が細いので、柔らかいので切りやすいので調理もしやすく、食べやすいです。因みにヘタの切り口が黒ずんできたら鮮度が下がっている証拠ですので、いくら細くても避けたほうがよいですよ。

 

以上、新鮮で美味しい人参の見分け方でした^^

 

 

 

人参はアンチエイジング・老化防止に良い!!

 

人参はβ-カロチン(ビタミンA)の含有量が非常に多い野菜。β-カロチンは粘膜を強くして免疫力を高めり坑酸化作用があります。ですので老化防止・抗ガン作用・風邪予防にもってこいの食材。他にはビタミンB1・B2・C、カリウム、鉄、リンも含まれています。

 

さらにビタミンAは夜盲症(トリ目)を改善するとされ視力回復に良いことでも有名です。

 

そのほかビタミンAは乾燥肌の改善、血中の脂肪酸化を抑制、冷え症改善、貧血改善、抗ガン作用などの効果も期待できる食材です。

野菜の選び方『人参』関連ページ

野菜の保存『人参』
野菜の下処理がきちんとしているかどうかが料理の味の決め手。人参の保存方法。
野菜の冷凍保存『人参』
野菜の下処理がきちんとしているかどうかが料理の味の決め手。人参の冷凍保存方法。