エノキの下処理

オクラは下茹でしてから料理するのが基本です。まずはオクラのがく(ヘタらしい部分)を包丁で削り取り、先端を少しカット。

 

その後、塩をまぶし、まな板の上で、両手でゴロゴロと転がします。

 

この「いたずり」をすることでオクラの毛をとり、表面を柔らかくします。
下準備がおわったらいよいよ茹でてまいります。

 

 

あとは塩がついたまま、沸騰したお湯でニ分弱ゆでるだけ。簡単でしょ?
以上、オクラの下ごしらえでした^^

 

 

 

オクラは大腸がん予防・粘膜を強くするのに良い!!

 

オクラは緑黄色野菜。その成分にはβカロテンが豊富でレタスの3倍以上も含まれています。

 

βカロテンと言えば、抗発ガン作用などでよく知られている成分ですが、体内でビタミンAに変換され粘膜を強くし、髪、視力、粘膜、皮膚、喉、肺などを健康に保つ力ががあります。

 

 

粘膜と言えば鼻。粘膜の強さは花粉症を軽減する要素でもあります。また、腸内などの粘膜が強くなればガンになりにくくなったり、性病に侵されにくくもなります。

 

 

オクラと聞いて想像するのはあの「ネバネバ…」としたぬめりではないでしょうか?

 

あの「ぬめり」の成分の正体は「ガラクタン」「アラバン」「ペクチン」という食物繊維。その中のペクチンという成分は「コレストロールの排出」「整腸作用」で便秘改善、大腸ガン予防に良い成分であります。

 

 

意外とオクラにはカリウムが多く含まれており、カリウムは余分な塩分を排泄するために高血圧の人に良い野菜。骨を丈夫にしイライラ解消するカルシウムも多めです。

オクラの下処理記事一覧

オクラは傷みやすい種類の野菜ですので2,3日のうちに使い切るのが理想的です。傷みやすい故に適当に冷蔵庫にぶち込むだけでは日持ちはしません。しかもオクラは低温に弱いので冷やしすぎると、すぐにダメになってしまいます。オクラの鮮度を少しでも長く保つには、新聞紙やキッチンペーパーで包み、ビニール袋に入れて冷蔵庫(野菜室)で保存するとフレッシュさを持続させられます。数日で使い切れないようであれば、冷凍保存も...

オクラは傷みやすい種類の野菜ですので2,3日のうちに使い切るのが理想的です。しかし、オクラは冷凍保存できるので結果、長持ちさせられるので非常に便利な野菜でもあります。方法としては、簡単な下処理、下茹でするだけで誰でも出来るのでチャレンジしてみよう!まずはオクラのヘタを包丁で削り取り、先端を少しカット。まな板の上で、塩をまぶし両手でゴロゴロと転がし「いたずり」をすることでオクラの毛をとります。その後...

新鮮で美味しいオクラを選ぶにはまず、表面の色具合をみるのが基本です。緑色は濃くて鮮やかなものは新鮮の証です。次に切り口を見ていきましょう。切り口が新しく、表面が産毛でびっしり覆われているものは鮮度が良いもの。この2点を注意するだけでほぼ、間違いなくフレッシュなオクラをゲットできます。育ちすぎたオクラは味が悪い!野菜は大きいものをと選びがちですが、じつはオクラは育ちすぎると味が落ちるので、あまり大き...