野菜の冷凍保存『薩摩芋』

サツマイモは、生のままでは冷凍保存はできません。焼いたり、レンジで温めたり、蒸したりしたあとに冷凍するのが基本です。

 

そのままの形で冷凍したい場合、サツマイモを綺麗に洗い、水気を拭き取って電子レンジや蒸し器で加熱したり、焼いて焼き芋にしたりして中まで完全火を通します。冷めたらラップで包んで冷凍庫へ。

 

ポタージュスープ、栗きんとん、スウィートポテトなどに調理する予定でしたらペースト状にして冷凍することをオススメします。

 

サツマイモを蒸すかレンジで加熱したあと、皮を剥いて袋に入れて麺棒で叩いて潰し、ペースト状にします。これを保存袋などに入れ、厚さ1cm〜2cm位まで伸ばして冷凍しておきます。格子状に凹凸を付けておくと必要な分だけ折って使えるので便利ですよ。

 

以上、サツマイモの冷凍保存方法のコツでした^^

 

 

薩摩芋は便秘解消に良い!!

 

さつまいもにはビタミン、ミネラル、セルロース・ペクチンといった食物繊維などが非常に多く含まれている野菜。腸の活動を活発にして便秘解消、宿便の排出などの作用はもちろん、血中コレステロール低下、血糖値を調整する作用もあります。

 

便秘は粘膜を傷つけガン化しやす…それを解消するということは大腸がんの予防、血中コレステロールの低下するので高血圧の改善、血糖値を安定させるので糖尿病予防などの効果を期待できる。

 

また過酸化脂質を抑制する働きがあるとされる「ビタミンE」などで老化防止。ビタミンCはリンゴと比較して10倍以上も含まれており、コラーゲン生成、免疫アップと言った美容と健康維持に役立つ。カリウムも多く含まれていて「むくみの解消」などの効果効能も。

野菜の冷凍保存『薩摩芋』関連ページ

野菜の保存『薩摩芋』
野菜の下処理がきちんとしているかどうかが料理の味の決め手。薩摩芋の保存方法。
野菜の選び方『薩摩芋』
新鮮な野菜をきちんと選ぶどうかが味の決め手。薩摩芋の選ぶコツ。