輸入野菜の残留農薬は大丈夫?

日本に輸入される全食品の監視は日本全国の港および空港に設置された31ヶ所の検疫所に、食品衛生監視員によって検疫所が実施されています。

 

これによりモニタリング検査、違反可能性の高いものに対する命令検査の実施によって輸入食品の安全性を確保しています。

 

 

しかし、現状はどうでしょうか?日本の厳しい検査をかいくぐり、「カビの生えた中国米」、「寄生虫が混入した韓国産キムチ」、「基準値を遥かに超えた中国産&韓国産野菜」などが我々の食卓に今日も並んでいます。

 

 

これは生真面目な日本の食品衛生監視員が手を抜いているとは考えづらく、膨大な食品を全て検査することはまず不可能。

 

売ったもん勝ちの韓国、中国ではルールをまるで守らず、今日もかの国から低品質食品を大量に購入し、彼らを丸儲けさせているのが現状です…。

 

中国産野菜は食べても安全?危険?

 

寄生虫入りキムチ、さらに野菜は農薬使用量世界1位の韓国産!